Browse By

某大手広告代理店原田 駿さんの学生時代から現在のキャリアをインタビュー

LINEで送る
Pocket

原田さん

原田駿
早稲田大学政治経済学部卒業後、某大手広告代理店に入社。その後、営業セクションで飲料系・メーカー・金融などの大手国内クライアントの担当を歴任。メディアバイイングからデジタルプロモーション、CM制作まで担当領域は広い。趣味は週末に身体を動かすことと、飲酒。

現在のキャリアについて

現在の事業や業務内容について教えてください

広告代理店で営業業務にを携わっております。現在は飲料メーカーを担当していて、クライアントのマーケティング目標を達成するためのお手伝いをさせていただいており、主にCMなどの制作やプロモーション全般のプロデューサー業務に関わっています。

大学卒業後の経歴は?

新卒からこの企業に所属しています。入社以来ずっと営業で、飲料・電機メーカー・IT系クライアントの担当をしてきました。

なぜ今の職業を選択しましたか?

この仕事をしていると、タレントやクリエーターをはじめ、この仕事をしない限りは会えない人と会えたり、そういう方と一つのものを創り上げる経験ができるということに魅力を感じるからです。広告だけではなく、スポーツや事業など、自分がやりたいことを達成するステージが無限に広がっていることもまた魅力の一つですね。

学生時代について

どんな科目を専攻されていましたか?

マスコミ理論・メディア理論を専攻していました。

どんなサークル・課外活動をしていましたか?

テニスサークルで4年間活動していました。大学生活はここが中心だったと言えます。テニスも真面目にやりつつも、飲みも多かったですね笑

どんなバイトやインターンをしていましたか?

インターンは行っておらず、バイトは塾の講師と、3年くらいしゃぶしゃぶの居酒屋風鍋屋で働いていました。

学生時代にやっていて良かったと感じること・惜しいと感じることはなんですか?

人材系会社でアルバイトをしていたことは非常にいい経験でした。同じ時期に就職活動をしていた同級生たちにインタビューすることも仕事だったので、いろいろな人のリアルな就活体験を聞くことができました。

就活について

就活中の取り組み方について教えてください

食わず嫌いな部分が多かったのですが、説明会には参加しながらもちゃんとエントリーした企業は多くなかったかもしれません。
就活当初は実力試しも兼ねてIT系企業も受けていました。
就活ピークの時は、自分が興味をもっていた広告・マスコミを中心にした就活を行っていました。

就活中にやっていて良かったと感じること・惜しいと感じることはなんですか?

その時にしか会えない業界や職種、そこに所属している人、そこに所属するために頑張っている人等、就職後は会えないであろう人たちと交友関係をもっと持っておけばよかったかなあと思います。

おまけ
・学部 政治経済学部
・所属サークル・団体名
・よく利用していた大学の施設 ラウンジ
・大学付近の行きつけの店 ごん兵衛 おとぼけ ぶぶか ニュー浅草

LINEでOB・OG情報をGET♪

LINEで送る
Pocket