Browse By

フリーライター近藤世菜さんの学生時代から現在のキャリアをインタビュー

LINEで送る
Pocket

近藤世菜

フリーライター 近藤 世菜
編集者/ライター。nanapiにライターとして勤務したのち、メディアジーンにてcafeglobeGLITTYの編集者に。現在はフリーランスとして、女性の働き方やライフスタイルについて執筆している。

現在のキャリアについて

12773313_1694647344116181_1816904055_o

現在の事業と業務内容を教えてください。

フリーランスで編集やライターの仕事をしています。業務内容はメディアの外部のライターさんの記事を編集したり、取材に行ってインタビューして記事を作ったり、コラム記事を書いたりしています。

大学卒業後の経歴は?

大学4年間が終わった時に自分のしたいことがはっきりと分からなかったので内定をすべて断って、もう半年間在学することにしました。その時にラクシーズというFASHION LATTEというメディアを運営している会社でインターンを始めました。その仕事内容がライターと編集だったのですが、人不足だったので一人でこなしていた時期もありました。その仕事と同時に中学、高校と演劇部に所属していたこともあり、文学座という劇団の研究生も始め、二足のわらじのような形で日中は仕事、夜は劇団の稽古という生活を1年間していました。その1年間の途中でnanapiという会社に移り、前職と同様ライターをしていました。その後卒業して1年後に就職を考え始め、編集やライターの仕事が自分に合っていると感じたので株式会社メディアジーンに就職してそこで編集の仕事をしていました。そこで1年ほど働き、その後半年間新規メディアの立ち上げに関わった後、生活が落ち着いたところで他にも色々なメディアで執筆してみたいと思い、現在のフリーランスになりました。

学生時代について

12318286_1694647334116182_1485624642_o

どんな科目を専攻されていましたか?

政治経済学部の国際政治のゼミで安全保障について学んでいました。ゼミの山本武彦先生が日米関係などの安全保障の権威の方だったのでその辺りについて詳しく勉強していました。その関係で自衛隊の基地に見学に行ったりもしました。

サークルや課外活動はしていましたか?

サークルは1年間だけ早稲田祭運営スタッフに入ってました。その後2年間ほどは、友達がボランティアサークルを立ち上げたいと言っていたので、ボランティアに興味がなかったんですけど、興味がないから逆にやってみようと思って老人ホームでお手伝いなどをしていました。

どんなバイトやインターンをしていましたか?

高校の時の友達が働いていた鰻屋でずっとアルバイトをしていました。居心地がよくて計6年間働いて、妹もそこで働いています。いろいろなお客さんがいたので勉強になりました。(笑)

学生時代にやっていて良かったこと、後悔したことを教えてください。

私は大学時代就職活動について全く考えずに過ごしてきたのでもっと考えておけば良かったと思いました。今の大学生に話を聞くと就活や将来についてとてもしっかり考えているので私も社会に出る前に自分のやりたいことや得意不得意などを見極める時間を作るべきだったかなと思います。でも一方で、早稲田は多様性があって自分らしく過ごせていたので、そういう意味ではいい時間だったのかなと思います。

就職活動について

12773313_1694647344116181_1816904055_o

就職活動の取り組み方を教えてください。

私の時代はそこまでインターンが活発ではなく、就活が解禁した12月に一斉に周りの雰囲気が一変する感じに違和感を覚えながらも周りに合わせて渋々就活はしていたんですけど、自分が何をしたいか分からず一生懸命取り組むことができませんでした。人にものを頼むのが苦手だったのでOB.OG訪問やESの添削、友達に他己分析をお願いするのが恥ずかしくて出来なくて、情報戦だった就活に対応できなかった。それでもなんとかなると思って4月を迎えたら見事に失敗の連続でした。その中でもあまり自分を繕わずに就活をしていたんですけどある企業のリクルーターに「君は男の子だったらそれでいいけど、女の子なんだからそのままじゃダメだよ」と言われとてもショックを受けました。こんなところで男女の差が影響するのかと思い、一気に就活に対するモチベーションが断たれてしまいました。とは言え、そこでやめることも出来ずなんとか不動産のベンチャー企業と大手商社の子会社の総合職の内定をもらいました。結局、自発的ではなく周りが就活しているから内定をもらわなきゃという気持ちで最後まで受け身の就活していました。しかし、4年の12月に、このまま内定をもらった企業で仕事をして適齢期で結婚、出産をしてという将来のプランが想像できてしまって、飽き性な自分はそれを受け入れられないという気持ちが大きくなってしまって就職しないという決断をしました。(笑)その後、自分が今までしてきて楽しいと感じたものをリストアップして、ライターと芝居を始めました。

最後に就活生へのアドバイスをお願いします。

私は就活の失敗例です(笑)自分が何をしたいのかをしっかり考えて就活をしないと、いざ働き始めてもいつか飽きてしまうので、今のうちに自分のしたいことを明確にしておいた方がいいと思います。

おまけ
政治経済学部政治学科卒業
・よく利用していた大学の施設 学食
・よく利用していた大学近辺のお店 わせ弁

LINEでOB・OG情報をGET♪

LINEで送る
Pocket